« 新四国第一番 | トップページ | BANDO BUS »

2007年6月24日 (日)

環天頂アーク

P10203220001 六月二十三日午後五時頃、「京浜富岡駅」付近で撮影。上空に虹のような色合いの円弧とこれと交わる薄黒い二本の直線が見える。 太陽は左下の方にある。 錯覚でないか確認のため撮影した。後で調べると「環天頂アーク」という現象らしい。近くの「長昌寺」にある「芋観音」(元は「芋神社」といわれた)に行った帰り道で、「芋観音」の由来はこの近くに清浄な水が湧き、里芋が一年中枯れることなく育Imoつ所があり、その水は疱瘡をはじめ万病に効き、美肌にも効いたということである。 写真では里芋の後に観音と狛犬の姿が見える。「芋」は「疱瘡」と関係があるようである。前に紹介した阿波の「芋大明神」とは少し違うようである。 「環天頂アーク」については下記に説明がある。http://www.asahi-net.or.jp/~CG1Y-AYTK/ao/circum.html

| |

« 新四国第一番 | トップページ | BANDO BUS »

コメント

一度見てみたいですね。これからは上を向いて歩こうかな。ところで2本の線は何だったのでしょうか。飛行機雲?

投稿: 00777 | 2007年6月24日 (日) 23:12

00777さん、黒い直線は何か分りません。飛行機雲かと思いますが、黒いこと、虹と交わる部分ではっきりでていることが気になりますね。

投稿: YMさん | 2007年6月25日 (月) 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新四国第一番 | トップページ | BANDO BUS »