« 空港の 愛称やはり あわおどり | トップページ | 夏祭り 暑さ忘れる ハワイアン »

2010年8月12日 (木)

LCC 黄門さまも 先駆けに

Ibarakiap 最近開港した「茨城空港」に行った。 霞ヶ浦の北にある「航空自衛隊百里基地」を民間共用としたものである。 「九十九里」よりまだ長いと言われる広漠たる平地に新しい空港ビル(上の写真)ができている。広い駐車場は無料で全国各地のナンバプレートの車が置かれていた。

Mekkushigarasu2 送迎デッキ(中の写真)には特殊なガラスが張り巡らされ、航空機の発着の様子はよくみえるが、広いデッキのどの地点から見ても、自衛隊の戦闘機格納庫が見えるはずの角度だけが白く濁って見えない仕掛けになっている。

Kuukoudorayaki 現在、国内線は神戸との間に一日一往復、国際線はソウルとの間に一日一往復、上海との間に週3便だけである。この上海便を飛ばしているのが格安航空会社(LCC)「春秋航空」である。茨城⇔上海往復3,3000円、その座席の一割は片道4,000円にするとの噂である。下の写真は同航空就航記念のどら焼で、「熱烈歓迎」と書かれている。茨城県は今後も海外格安航空をどんどん誘致していこうとしている。

| |

« 空港の 愛称やはり あわおどり | トップページ | 夏祭り 暑さ忘れる ハワイアン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 空港の 愛称やはり あわおどり | トップページ | 夏祭り 暑さ忘れる ハワイアン »