« 特徴は 額の白と 足の弁 | トップページ | 危ないよ 道路でエサを 探すのは »

2013年6月17日 (月)

二菩薩の 祈る姿か 梅雨晴間

P1180926s 2、3日前から手賀沼の対岸に塔のようなものが二つ見えていた。コケシのようでもあるし、先日見た牛久大仏を小さくしたようでもある。手が見えないから合掌している日光・月光菩薩のようにも見える。 

P1180918s昨日、梅雨の晴れ間に対岸まで歩き、近くから見ると下の写真のように、送電塔に工事用のカバーを着せた姿であった。

Tettou

今日見ていると右側にもう一つの鉄塔にカバー着せ作業が進んでいたのでコマ撮りをした。ガウンを着るように縦に長いカバーを上から垂らし三本の腕を一挙に通す。片側だけの作業を撮影したが、所要時間は半時間位で極めて能率の良い方法であった。頂上と各腕に作業をする人の姿が見える。

| |

« 特徴は 額の白と 足の弁 | トップページ | 危ないよ 道路でエサを 探すのは »

コメント

鉄塔がカバーで覆われると異様ですねぇ。
私も昨年、中島田で「大仏のごとき」が現れた時、何か?と思いました。
よく考えるとNTTの場所・・(建物が台座)+(屋上のパラボラアンテナの覆いが仏像)=(奈良か鎌倉の大仏さん)・・でした。

投稿: かね久 | 2013年6月19日 (水) 15:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特徴は 額の白と 足の弁 | トップページ | 危ないよ 道路でエサを 探すのは »